153つぶのまめ
コーヒーで世界地域との
Interview
くのってほしい「フェアトレード」
以前にアパレル業界仕事をしていた、「フェアトレード」という言葉めてりました。フェアトレードとは発展途上国貧困生産者労働者生活改善自立支援する国際的運動のスローガンで、手工芸品食品などを、適正価格生産者から直接購入販売します。当時、フェアトレードの雑貨やアパレルの店舗周囲にいくつかありましたが、あまりえが浸透していないなとじました。その、2016現在開店精神的体調して仕事め、夫婦興味てるものはないかとコーヒー教室参加したことがきっかけでした。その、コーヒーについてえてくれたのが、大阪本部があるNPO法人「1のコーヒーから地球える」という団体。コーヒーの焙煎方法だけでなく、環境についてもレクチャーしてくれ、とても感銘けました。団体がフェアトレードのコーヒーにれていたこと、アパレル業界いていた興味ったことから、私自身もフェアトレードの発信尽力したいと決意。コーヒー販売家庭焙煎コーヒー教室、ワークショップなどをい、フェアトレードのコーヒーやそのほかの食品販売っています。フェアトレードとくと、“しいける”という認識たれがちですが、それだけではありません。実際にその商品って、購入することで世界え、自分自身とつながることができます。かのてるささやかな活動を、フェアトレードをじてほしいとえています。

フェアトレードで

世界とつながり

かのえに

オーナー
山下 里美さん

153つぶのまめのSDGs実践

親子教室、ワークショップの開催
フェアトレードのどもたちにわかりやすくえ、お親子でコーヒーを焙煎してドリップパックコーヒーをります。店舗ほか「くらら文化ホール」調理室などの公共施設ども食堂開催。フェアトレードのカカオ使ってチョコレートを手作りチョコレートのワークショップもい、親子でフェアトレードと環境についてえる提供しています。
対応するSDGs ゴール
フェアトレードどもカフェ
202111に、小学生7で「フェアトレードどもカフェ」を開催。はじめにフェアトレードがかをんでもらう紙芝居用意し、商品手元くまでにくのわっていること、そのたちへの感謝公正対価すことを学習いたは、自分たちがカフェスタッフとなり、フェアトレードのコーヒーをドリップし、販売会計などもいました。売上金ども食堂運営する地域団体「さとの」に寄付どもたちには手作りのマイスターバッジを進呈し、様子はNHKニュースや中国新聞紙面でもげられました。
対応するSDGs ゴール
ティモールオンライン講座
フェアトレードをめた民際協力活動展開するNGO「パルシック」のオンラインセミナーを、店内モニターで開放受講ティモールのコーヒー農園とつながり、生産者とリアルタイムで通信し、フェアトレードコーヒーの生産状況についてお客様一緒びました。生産者直接くことで、実際りごとや手助けできることはかをり、自分事としてフェアトレードを認識できました。
対応するSDGs ゴール
あしながおじさん珈琲プロジェクト
エチオピア、ミャンマー、ティモールなどのフェアトレードコーヒー焙煎し、そのげを西条町田口児童養護施設広島新生学園」に寄付。20224開催し、入学進級のおいの気持ちをめました。寄付額は61,000で、学園からは丁寧感謝状をいただきました。環境わらず、どもたちがやかに成長できるのお手伝いができればとっています。
対応するSDGs ゴール
そよかぜカフェ
コーヒーを使ってやしのづくりをしたいとい、手焙煎コーヒーのイベントを福富町の「星降るテラス」でいました。精神的につらいいをえているたちや、孤立しているたちにけてのづくりでしたが、コロナということもあり1しか開催できていないので、今後もどこかでできればとえています。
対応するSDGs ゴール
情報先行ではないアクションを
コーヒはそのりや風味やし効果があり、鮮度をきちんと焙煎、ドリップすれば健康効果がとてもです。フェアトレードに注力することで、世界とつながりてますが、コーヒー自体でもさまざまな地域貢献ができるとっています。えば今後は、高齢者高齢者のためにコーヒーをれるようなコミュニティカフェをって、わいの創出孤立するをなくすみをしたいとえています。また、他地域では食育やフェアトレードの授業としてコーヒー焙煎学習学校れているので、東広島学校子供会などの行事ごとにもこれらを導入していきたいです。どもたちには自分体験し、積極的わることで、自発的学習姿勢んでほしいです。SDGsにしてえば、「17ゴールにかってきましょう」とわれてもなかなかピンとこないどももいのではないかといます。自分でもできることにひとつずつんで、情報先行ではない、「自分えてアクションをこす」というきにつなげられればといます。
企業・団体情報
社名
153つぶのまめ
会社紹介
コーヒー生豆焙煎豆)、コーヒー器具環境しい生活雑貨、フェアトレード食品販売喫茶がけるほか、コーヒー教室・チョコレートワークショップ、イベントなどを多数開催。フェアトレードの商品生産者対価還元できるみをいつつ、地域社会貢献。オーナーは、アーユルヴェーダのセラピストであり、NPO法人「1のコーヒーから地球える」公認インストラクター。
住所
東広島市西条栄町9-33
電話
090-7412-6203
URL
https://nagislowcoffee.com/