C&E
17の目標教育自分意見える育成
Interview
英語でディスカッション
C&Eは、幼児が“英語”でべるです。ネイティブの講師が2から6までのどもたちを指導のあいさつにまり、ったり、いたり、ランチをべたり、運動をしたりと、びも生活もオールイングリッシュでいます。英語まれてごすうちに、自然英語せるようになると保護者さんに好評です。また、イギリス、アメリカ、フィリピンなど、ネイティブ講師多国籍幼児期外国語外国人しむことは、将来国際社会順応するための基礎になるとえています。
外国人日本人講師で、2019(令和元ごろからよく話題がっていたのがSDGs。C&Eが大事にしているThanks(感謝)とRespect(尊敬)の精神じることから、2020(令和2)にSDGsを教育れることをめました。
JUMPクラス(年長クラス)では、SDGs の17の目標英語何度復唱。さらに、つひとつの目標について、自分たちにできることはいかけ、ディスカッションをします。というのも当校では、自分意見える生徒育成するため、講師が「こうしなさい」と指示するのではなく、「あなたはどうう?」と意見くようにしているからです。またディスカッションの結果尊重し、保護者さんとC&Eが協力して、実現するようにめています。
SDGsはC&Eが大事にしている
感謝尊敬精神じています
C&E
代表 荒井 幸江さん
C&EのSDGs実践
自分たちにできることをえ、実現
講師が「世界には、勉強をしたくても、道具がなくて勉強できないがいるんだよ」と貧困地域実情えました。するとどもたちから「鉛筆やノートをりたい」という意見たため、保護者さんとC&Eが協力して実現東南アジアの施設鉛筆やノートをけました。
対応するSDGs ゴール
ポリタンクを支援
2020(令和2)にフィリピンでは、台風による大規模住宅被害発生。フィリピン出身講師現地深刻状況発信し、どもたちや保護者さんが共有しました。確保っているけるため、ポリタンクを現地り、役立てていただきました。
対応するSDGs ゴール
ビデオメッセージでまし
クリスマスに、洪水ったどもたちにけて、ビデオメッセージをりました。C&Eのどもたちは「元通りの生活ができますように」「をつけて」「ハグをるね」など、がこもった言葉英語発表し、現地どもたちをましました。
対応するSDGs ゴール
農業体験食料支援びつける
2020(令和2)は、C&Eのスタッフや保護者のネットワークの範囲内支援活動いました。今後は、どもたちの成長え、さらにSDGsに貢献できるようなしい活動挑戦していきたいといます。検討しているのが、生徒たちの農業体験と、海外への食料支援びつけること。えば園庭てた作物を、アジアやアフリカの貧困地域ることができれば、おいにとってメリットがあります。現在地元のJAさんにどういった作物ればいいか、検討していただいているところです。12には、東広島市の「SDGs未来都市東広島パートナー宣言制度登録しました。行政企業さんとの連携で、さらに活動がることを期待しています。
先日、JUMPクラスのどもたちにねました。「コロナにつマスクを発明したい」「しいを、動画世界中めたい」「世界中どもに『みんなで頑張ろう!』と手紙きたい」…。6どもたちが、世界けていることにき、そしてらしくじました。20年後、30年後社会のリーダーになるのはどもたちです。国際的視野ち、自分意見える他人大切にできるになって、よりよい未来のために貢献していってほしいといます。
企業・団体情報
社名
C&E
会社紹介
2005(平成17)年設立。インターナショナルプリスクールを運営し、幼児英語環境提供している(下見校八本松校の2校体制)。どもから社会人までの英会話スクールも運営
住所
東広島市西条町下見997-1
電話
082-421-0667
URL
https://www.chat-effort.com