スタンレーグループ
日々改善活動環境保全 「」にこだわる地域貢献推進
Interview
広島工場独自目標設定
スタンレー電気は1920(大正9)当時まだしかった自動車産業注目し、自動車専用電球製造創業時代変化対応し、自動車照明えてLEDやセンサーなどに事業領域拡大してきました。100のあゆみのわらないのは“価値”と“ものづくり”をじて、社会貢献したいというい。2000(平成12)制定した「スタンレーグループビジョン」で、国内各地拠点海外のグループ会社価値観共有し、事業たっています。世界共通目標であるSDGsについても、弊社わる製品安全安心提供し、持続可能社会構築経済的発展両立寄与していきたいとえます。
東広島市志和町にある広島工場では、環境分野れています。全社的環境マネジメントを統括する「グローバル環境保全活動委員会」の方針で、広島工場独自目標設定達成目指して従業員一人ひとりが主体的んでいます。2020(令和2)12には、東広島市の「SDGs未来都市東広島パートナー宣言制度登録。これをに、従業員のSDGs活動みをつけます。また同時に、スタンレーグループの活動についてくアピールする契機とし、行政地域さまとの連携拡大ります。
持続可能社会構築
経済的発展両立寄与
スタンレー電気株式会社 広島工場
工場長 鈴木 さん(中央
広島業務課責長 脇坂 啓太さん(
広島業務課 岩竹 範昭さん(
スタンレーグループのSDGs実践
スタンレーグループでは「スタンレーグループビジョン」にづいた「サステナビリティ基本方針」をめています。当社事業活動とSDGsとの関連整理し、17の目標意識して持続可能社会構築貢献していきます。
対応するSDGs ゴール

広島工場での主なSDGs実践
CO2排出量削減エネ
広島工場には2005(平成17)年度太陽光発電装置設置し、発電した電気工場内空調照明使用地道エネ施策にも効果げています。
太陽光発電によるCO2排出量削減 132t-CO2/年以上
■CO2排出量 2019年度実績比 1%以上削減
省資源活動
廃棄物最終処分量埋立量)をりなく0にらす「ゼロエミッション」を推進広島工場では、歩留まり改善廃棄物分別によるリサイクル、水使用量削減めています。
廃棄物発生量(総廃棄物−リサイクル)2019年度実績比 1%以上削減
水使用量 2019年度実績比 1%以上削減
汚染予防
有害化学物質については、国内外法規順守広島工場では製造過程において、有害化学物質廃絶削減めています。
化学物質使用量 2019年度実績比 1%以上削減
社員環境意識向上
環境配慮推進するために、定期的情報配信やeラーニングなどの機会提供。また、環境わる活動きく貢献した社員表彰しています。
環境eラーニング受講率 100%
環境表彰制度への参加率 100%
さらなる地域貢献目指して
広島工場食堂には、環境保全労災予防などの情報え、SDGsについても掲示しています。積極的情報提供えば「コンプレッサーの空気漏れをげば、エネになり環境保全役立つ」といった浸透させるのが目的です。そうすれば全員がベクトルをわせて、「日頃改善活動は、SDGsの目標達成につながっている」といういで意欲的業務遂行できるとえています。
弊社自動車照明のパイオニアとして、夜間交通死亡事故ゼロを目指しています。2015(平成27)開発したヘッドランプのADBシステムは、ハイビーム自動制御して、対向車にまぶしさをじさせることなく、ドライバーが視認性確保できる画期的なシステムです。広島工場ではこのADBシステムを使用したヘッドランプを製造。より安全性最新システムを自動車にいち搭載できるよう、自動車メーカーとの連携めています。
広島工場目標は、“”に関連した地域貢献活動充実させることです。2019令和元年)には、呉市郷原町のシンボルである城山のライトアップに協力地元さまにんでいただくと同時に、たちも自社製品技術りをじることができました。今後は「安全運転のためのヘッドライト講座」を地域のイベントで企画するなど、皆様安全安心がるみを積極的っていきます。
企業・団体情報
社名
スタンレー電気株式会社 広島工場
会社紹介
スタンレー電気自動車照明やLED、センサーなどを製造するメーカー。国内各地研究所営業拠点生産拠点展開海外のグループ会社32め、スタンレーグループとして持続可能社会構築める。広島工場では自動車照明製造している。
住所
東広島市志和町奥屋1866
電話
082-433-2711
URL
https://www.stanley.co.jp/