株式会社エイジュクリエイト
自然しい革製品
Interview
地元鹿革でレザークラフト
東広島市革工房ベルズと店舗・ベルズスクエアをえ、オリジナルの革製品製造販売しています。は、から革職人目指していたわけではありません。農業高校大学農学部び、家業のバラ農家ぐつもりでした。ところが1993生産規模拡大のために新築した温室がすべて台風倒壊被害額は5,000万円…。人生一転しました。
家族わせ、った施設でバラや野菜などをてて販売したものの、それだけでは経営不安定でした。雑貨やアクセサリーなどいろいろなで、けたのが「」。ものづくりに興味があったので、ようまねで革小物るようになりました。財布やコインケース、名刺入れなどを2010ごろからべて、おさまの意見いては改善。シンプルかつ機能的なデザインを丁寧作業にし、では革製品看板商品になりました。
2020に「鹿活用しませんか」と、害獣駆除食肉加工手掛ける東広島ジビエセンターさんから提案されました。東広島市には推定5,000鹿がいて、農作物への被害年々深刻化手塩にかけた野菜果物らされる農家しさは、もよくかります。「動物共存するため、鹿適切生息数づけるには狩猟不可欠。いただいた感謝し、有効利用するために、貢献したい」とえ、20204から本格的鹿革製品製造開始。「広島ジビエレザー」と名付け、日常的使っていただきながら、里山みがじられる商品っています。
ものづくりで
愛着のあるらし〟を提案
株式会社エイジュクリエイト
代表取締役 坂木 英樹さん
エイジュクリエイトのSDGs実践
使える革製品製造修理にも対応
はとても耐久性れた素材です。適切手入れをすれば5、10使けることができ、経年変化わいがします。革工房ベルズでは、長年愛着って使けていただけるよう、シンプルできのこないデザインを採用。また自社製品無期限無償修理し、「ものを大切にしたい」というおさまをサポートしています。
対応するSDGs ゴール
職人丁寧作業伝統技術未来につなぐ
たちは11なる個性見極め、財布やバッグなどを丁寧手作りしています。おさまの要望え、工夫をこらすことは、職人のやりがいです。人類太古からねてきたレザークラフトの技術ぎ、しい発想発展させて、世代へとバトンをつなげていきたいといます。
対応するSDGs ゴール
食肉処理副産物使用農業被害防止にも貢献
「食べるためにいただくを、さず活用したい」といういで、など、食肉副産物として生産された使用しています。また、東広島市では、鹿による農作物被害年々深刻化害獣駆除のために捕獲された鹿は、高品質食用ジビエとして流通するようになりました。たちはその副産物である鹿を、さな端切れまで無駄にすることなく使っています。
対応するSDGs ゴール
尊び資源有効活用
2020〜21にはコロナにより、イベントやデパートの催事などでの販売機会激減。そこでたにチャレンジしたのが、広島ジビエレザーのクラウドファンディングです。ネットショップとのいは、いに共感したから〝支援金〟をいただき、〝リターン〟として商品進呈する。「環境しい植物タンニン()でなめした鹿革使用」「野生鹿は11表情う。個性見極め、時間をかけて裁断縫製している」「〝のカシミア〟といわれるほど、ふわふわ、すべすべした手触りがしめる」など、多様観点から情報発信広島ジビエレザーの認知度める意味でも意義じています。
資源有効活用というでは、他社革製品修理有料ではありますがけています。「形見のバッグをしてほしい」「れたランドセルを修理して、卒業まで使けたい」など、まれるのはいがこもったばかり。たなみ、これからも一緒ねてもらえるよう、丁寧修理しています。
このたびの「SDGs未来都市東広島パートナー制度」への登録は、たちにどんな社会貢献ができるか、えるいい機会になりました。家業であるバラや野菜生産販売は、けてくれています。れる機会なくなりましたが、「レザークラフトも農業も、自然気持ちはじ」と気付きました。これからも誠実なものづくりをめ、自然しいサステナブルなアイテムを提案けたいといます。
企業・団体情報
社名
株式会社エイジュクリエイト
会社紹介
革製品製造販売革製品修理などを手掛ける。工房敷地内に、バラや野菜販売とフラワーアレンジ教室う「べるふろーらはうす」も運営
住所
店舗/ベルズスクエア】
広島県東広島市西条下見6丁目5-47スタープラザ西条1F 
工房革工房ベルズ】
広島県東広島市八本松町原7451
電話
082-421-5110(店舗/ベルズスクエア)
090-8995-0377(代表直通
URL
https://www.bellsq.jp/