リレーコラム

県内市町初選定のSDGs未来都市として ~下水道部

下水道部
快適らしをえ、
内閣府認定する「SDGs未来都市」(SDGs達成け、経済社会環境三側面総合的取組みで、たな価値創造する提案った自治体認定する制度)に、県内市町めて選定された東広島市。17のグローバル目標と169の具体的なターゲットをげるSDGs(持続可能開発目標)を達成するため、官民一体となって積極的いています。公共下水道り、施設維持管理下水道認知普及めている「下水道部」は、しい水環境るために多様なところで日夜活躍しています。
下水道部 部長
台信 達観
下水道建設課 課長
宅明 康範
下水道施設課 課長
小廣川

下水道部が抱えるまちの課題

司会
まずは下水道部っている役割えてください。また、まちの下水環境について現状課題はありますか。
台信
下水道部は、家庭などから排出される汚水下水道管浄化センターに収集し、きれいにしてしています。雨水対策たちの仕事ですね。下水道部には「下水道管理課」「下水道建設課」「下水道施設課」の3つのがあり、それぞれで下水道計画することや公共下水道施設整備すること、施設維持管理などを担当しています。まちの課題としては、人口増加汚水増加です。
小廣川
広島では下水道のエリアと浄化槽のエリアがあるのですが、下水道はまちの中心活用されているものなので、えているところと下水道使っているエリアがなるんです。整備いついていないことが一課題ですね。また、てられてから30以上経過している浄化センターもあるので、修繕随時っていかねばなりません。阪神淡路大震災耐震基準わったこともあり、それ以前てられたものの設備をチェックし、基準たしていないものは耐震工事っています。
宅明
下水道管しても可動性たせ、もしものにはずれないような工事をしています。有事使われるであろう避難所かう道路下や、主要幹線道路下から、優先的工事めています。
小廣川
災害時下水道部がどのように対応するか、緊急時連絡体制をどのようにするかもえておかねばなりません。いつもはつい、通常業務われてしまっているのですが、もしものきを普段から意識しておかないといけないといます。実際平成307豪雨発生したには、夕方から非常くなり、20ぐらいには全職員招集されるという事態になりました。民間業者さんにも故障対応依頼などをし、たちも緊急用のポンプを配備したりと大変でしたね。想定ると雨水がマンホールからんで、汚水えて処理いつかなくなるんです。いい教訓になったとっています。

持続可能社会実現する取組

司会
さんのお仕事は、どういったSDGs達成寄与しているとおえですか。対応する取組みがあれば詳細えてください。
台信
たちが手掛けていることは、SDGsゴールの「6安全とトイレを世界に」「11けられるまちづくりを」「14かさをろう」に直結しているとえています。6にしては、「下水道普及解消整備計画」にづいて、下水道未普及地域早期解消目指すことが先決です。もちろん、ほどのたような施設長寿命化や、しく下水道使ってもらえるような啓発活動わせてっていくことも大切です。
宅明
それから、日本下水道事業っている役割ってすごくきくて、その技術知識開発途上国問題解決役立ててもらえたらと、国際協力めています。JICAなどと連携して数カ月研修けてもらい、現地技術提供などをしています。これからも国際的課題解決一助えたらいいですね。
台信
11の「けられるまちづくりを」にしては、さきほどれた耐震性強化いですね。下水施設れてしまうと、衛生問題交通障害、トイレが使用できなくなるなどのさまざまな問題じ、さんの生活重大影響ぼしてしまうので…。また、雨水については昨今のゲリラ豪雨のようなこともあるので、人口集中しているところにきな水路設置したり、調整ってそこに雨水めるようにし、しずつすなどの対策っています。14の「かさをろう」については、汚水処理施設適切処理した河川放流し、水質汚染防止貢献していることがまさにそのものですね。一般家庭のほか、工場などから排出される産業排水もあるなど、エリアの特性排出される水質といったところを把握して、整備計画めることも重要です。これらすべてをたすことが、下水道基本的役割である、公衆衛生確保持続的たすことにつながっているとえています。
小廣川
たちは日々業務じて水環境向上めていますが、水環境っていくには、さんがしく下水道使ってくれることがより不可欠です。ってしてしまう場合があるとはうのですが、衣類料理クズをそのままして、ポンプが故障することもあるので…。生涯学習部出前講座で、どもたちに「みんなの下水道」という講座っていて、「トイレットペーパーはしていいけどティッシュペーパーはダメ」「凝固剤使ってめててる」など、基本的なルールをえています。どもたちだけではなく、一度市民さんもしい使ができているかどうかをってもらえればといます。
台信
下水道関心せるという機会がそもそもないとはうのですが、最近ではカラーマンホールやマンホールカードが人気めています。東広島では酒蔵をモチーフにしたものと、豊栄のほうにオオサンショウウオをあしらったカラーマンホールがあるのですが、結構さんてくれているようです。マンホールカードは、られた場所でしかっていないので、その希少性関心んでいる理由のようです。市役所りには近隣小学生いたをはめこんだマンホールもありますよ。
小廣川
マンホールカードは「下水道広報プラットホーム」というところが発行しているのですが、じわじわと人気めていき、では600以上自治体れているようです。種類も800以上あるみたいですよ。こういったところから、さんが下水道関心せてくれたらいいなといます。

しい水環境実現しよう

司会
最後に、これから目指すまちの姿や、市民さんにメッセージなどがあればおかせください。
台信
東広島は、広島大学をはじめとする大学複数あり、世代むまちです。できれば大学生卒業しても、そのまままちに定着してけてくれたらいいなといます。そのみたいとえる理由のひとつが、「環境さ」だったらうれしいですね。そんな環境さを実現するためにも、まちの衛生水質保全るわれわれが、つの業務確実っていくことが大事です。
小廣川
所属する下水道施設課は、公共下水道維持管理わるです。市民さんが24時間安心して使えるような施設を、これからも提供していけたらといます。そしてそのためには、ほどもおえしたように、しく下水道使用していくことが大切。ルールをって、気持ちの環境維持していきましょう。
宅明
下水道建設課は、さんが使っている下水道管やマンホールの整備をしています。道路って工事めるので、騒音通行制限などのご不便をおかけすることもあるかといますが、ご理解をいただければといます。また、下水道整備済となったところでも、浄化槽やくみりをご使用もいるといますが、公共下水道衛生的個人維持管理不要など、さまざまなメリットがあります。接続工事一時的負担はありますが、水環境保全けていくためにも、公共下水道へのえにご協力をおいできればといます。